アドセンス

アドセンスは儲からない→正しいやり方で作業すれば100%稼げます

霧島ユウタのメルマガ

世の中には「Googleアドセンスは儲からない」と決めつけて、そのまま諦める人が一定数います。

ただぶっちゃけますけどアドセンスはやり方さえ間違えなければ…100%稼げます。

よく勘違いする人は「広告単価が安いからぜったいに無理でしょ!」などど決めつけますが、非常にもったいないです。キチンと取り組めば必ず成果の出るビジネスです。

【儲からないと決めつける人の行動パターン】なども載せておきますので、ぜひ参考にしてみてください。

アドセンスは儲からない→絶対に嘘です

最初にお伝えしておきたいことはコレです。

Googleアドセンスは正しい方法で実践し続ければ、間違いなく収入を得ることができます。

もちろん100円とか200円などの寂しい金額ではなく、10万円や20万円などの魅力的な収入を得ることができます。

凄い人だと月収100万円とか稼ぎ出す、なんちゃってスーパービジネスなんです。

だから、もしアドセンスについて調べていて「アドセンスは儲からないだろう」と判断した人や、アドセンスを利用したビジネスにチャレンジしたけどうまく結果が出なかった人は最後まで読んでみてください。

とくにググって「儲からない」と判断した人、広告単価を聞いてなんとなく「無理だろう」などと判断していた人は最後まで読んでみてください。

アドセンスが儲からないと決めつける人の行動パターン

ではGoogleアドセンスが儲からないと判断する人、決めつける人の行動パターンをチェックしてみましょう。

アドセンスの広告単価を聞いて「無理だろう…」

これはあるあるの話です。

アドセンスの広告単価は20〜40円ぐらい。

かつて僕自身も広告単価を聞いたときに「さすがに無理じゃないか」と考えていましたが、結果的に大きな収入を得ることができました。

広告単価の数字を聞いただけで無理だろうと判断する人は…そもそも、よく計算していませんww

20円、30円というパッと見てインパクトの小さい数字の印象で「厳しいだろうなぁ…」などと判断するのでしょう。

あるいは、どうせブログを開設してもいいとこデイリー100PVぐらいだから…と、テキトーなアクセス数を引き合いに出して「どんぶり勘定」をおこなっているはずです。

アドセンスの審査に受からない→諦める→どっちにしろ儲からなかっただろう

Googleアドセンスは審査に受からなければ広告を利用することができません。

つまり審査に受からないことには、スタートラインにすら立てません。

たとえば、審査はあるけどアドセンス審査に比べてゆるーいnend(ネンド)や審査なしで誰でも利用できる忍者Admaxなどのクリック型広告サービスはありますけど、正直おすすめできません。

アドセンスよりさらに広告単価は安いですし、広告のバリエーションも少ないので収益化しづらいです。

 

アドセンスの審査はまれに理不尽な厳格期があり、アドセンスの審査にまったく受からない場合、

「アドセンスで稼ぐとかやっぱり無理でしょ」

こんな風に諦める人は出てくるはずです。

ただアドセンスの審査に受からない=儲からないだろうと決めつけるのはいくらなんでも早すぎます。

もしアドセンスの審査になかなか受からないという人はGoogleアドセンスの審査に合格するコツを読んでみてください。

やり方が間違っている

Googleアドセンスの審査には受かったけどやり方が間違っているため収益化できない人も、「やっぱりブログで稼ぐなんて無理!」と決めつける傾向があります。

なかには200記事ぐらい書いても…収益0円なんてこともあるようです(泣)

たしかに一生懸命書いてもまったく収益が上がらなければ「やっぱり儲からないんだ」と考えちゃう理屈はわかります。僕でもぜったいにそう考えます。

こーいう人は独学で実践しているケースが多いです。

そもそも何も知らない

Googleアドセンスって元をたどればアフィリエイト手法の1つでクリック型の広告ビジネスに該当します。

やったこともないのに、勝手に判断します。

[aside type=”boader”]

アドセンスってあの広告のやつ?

よく調べるとアフィリエイトなんだ

まぁーGoogleだからなんとなく安心だけど…

なんか怪しいし、成功するのはどうせ一部の人間だけでしょ!

【結果】やめておこう

ん?あれ?

あー多分、儲からないと思うよ!

[/aside]

このような思考回路になる人はいます。

なにも知らないのに勝手に判断することだけはやめておきましょう。

アドセンスで稼ぐ肝は【アクセス数】

Googleアドセンスの報酬の仕組みを細かく分解してみると…

  • ブログのアクセス数
  • 広告単価
  • 広告のクリック率

3つの要素によって収益が決まる、ということがわかります。

まず広告単価はコントロールできませんし、広告のクリック率もある程度なら改善できますけど大幅に収益を増やすことは現実的に難しいです。

となればアドセンスで稼ぐ肝は…アクセス数にかかっています。

ブログの記事を読んでくれる読者が1日100人と10,000人では…どえらい違いですよね?

ただ10,000人とか聞くと…

「いやいや絶対に無理でしょ!!」

芸能人でもあるまいしなどと考えて無理だと決めつけてしまいそうになりますが、単なる日記ブログではなくビジネスとしてブログを運営する場合は十分に可能です。

ホントにアクセスとか集まるの?って不安な方は、Googleアドセンスを利用したトレンドアフィリエイトという手法の仕組みを一から解説しているページを参考にしてみてください。

アドセンスで生計を立てることは現実的に可能?

気になる人も多いはずですので、お答えしていきます。

たしかに不安だったけど…ホントに稼げました。

僕も最初は半信半疑だったことは否定できませんけど、やってみると本当に収入を得ることができました。

ブログを運営してから数ヶ月間は知識を詰め込みつつガンガン記事を更新するスタイルでしたけど、日に日に記事のクオリティもあがり、磨き上げたテクニックを駆使して大ヒットできたときは純粋にうれしかったです。

根拠となる「具体的な数字」がほしいはずですので、僕自身の1ヶ月目の収益2ヶ月目の収益なども参考にしてみてください。

また僕の無料メルマガに登録すれば3ヶ月目以降の収入の推移も読者限定で公表しています。

あくまでビジネスです→ココ重要です。

たしかに正しい方法でブログ運営を実践すれば、間違いなくアドセンスで稼ぐことはできます。

ただ忘れてはいけないのが、アドセンスは遊びでもなくギャンブルでもない。アドセンスで収入を得るということは、1つのビジネスを始めるということです。

いくら方法論を知っていてもコツコツと作業できなければ当然成果は上がりませんし、たとえ誰かに教わりながら実践していても言われたことを素直に実践しなかったり、読者に喜んでもらうための創意工夫をおこたる人は絶対に稼げません。

最後に一言

僕自身、アドセンスの審査通過に手こずっていた時期は「やっぱり厳しいかなぁ…」などと勝手に妄想を膨らませていました。

まだスタートラインにすら立っていないのに、ちょっと痛いヤツですよww

アドセンスが儲からないというのは単なる思い込みです。

とくにどんぶり勘定で計算する人やまったくわかっていない人が何かしらの理由をつけて“儲からない”と決めつける傾向にありますので気をつけておきましょう。

アフィリエイト入門者にはGoogleアドセンスでの収益化が一番おすすめ!っといえるぐらい魅力的な広告ビジネスですので、頭の片隅に入れておきましょう。

霧島ユウタのメルマガ