豆知識

ブログ収入ある人の確定申告が必要な条件と対応の仕方

霧島ユウタのメルマガ

アフィリエイトなどネットビジネスを実践している人にとって頭を悩ます問題といえば、確定申告ではないでしょうか?

会社員なら職場の担当者が所得を申告してくれますが、個人でビジネスに取り組んでいる人は自分自身で申告しなければいけません。

とっても面倒なイメージが先行してしまいますし、一体どうやったらよいのかわからないですよね?

そこでまだ確定申告の経験がない人でも理解できるように、確定申告の気になるポイントをまとめてみました。

ブログ収入でも確定申告は必要?

まず大前提としてアフィリエイトなどを実践し、ブログで収入を得ている人たちも確定申告は必要です。

よくネットビジネスならバレないとか個人で収入を得ているから必要ない、と勝手に決めつける人がいらっしゃいますけどそんなことはありません。

ただし、ネットビジネスを実践している全ての人が確定申告を行う必要はありません。確定申告が必要な人もいれば、必要ない人もいます。

確定申告が必要な人

確定申告が必要は人とは、その年に一定額以上の収入があった人です。

ネットビジネスに取り組んでいる人を分類すると、

・本業があり、副業で実践している人
・専業の人

このように二通りに分かれますが、それぞれで確定申告が必要な条件が異なります。

副業の人

ネットビジネス実践者はまずは副業から始めるケースが多いので、こちらのパターンに当てはまる人は多いのではないでしょうか?

副業で実践している場合は年間20万円以上の副収入がある人は確定申告が必要です。

専業の人

ネットビジネスを専業で行っている人は年間38万円以上の収入を得ている場合、確定申告をおこなう必要があります。

副業と専業、それぞれのケースを解説しましたが、いかがでしたか?
 
 
ここで多くの人たちが気になるはずなんですけど…コレってほとんどの人が確定申告の対象になるのではないか?という疑問が浮かんでくるはずです。

が、しかし、

確定申告は売上ではなく所得(利益)で判断してよいので、今から解説する方法で計算すればきっと確定申告が必要ない人もいらっしゃいます。

確定申告の注意点

つまり、ネットビジネスの収入の換算は売上ではなく所得(利益)で行います。

わかりやすい図式で説明すると、

売上(アフィリエイトなど)ー経費(サーバー代など)=所得(利益)

こんな感じです。

売上から経費を差し引いた所得(利益)が確定申告の基準になる数値で、経費を差し引いても年間で20万円以上、あるいは年間38万円以上の所得がある場合は確定申告が必要です。

経費といってもさまざまで、

  • サーバー代
  • ドメイン代
  • 広告費
  • 外注費
  • パソコン
  • 通信回線の料金
  • セミナー
  • ビジネスに通じるイベント
  • ビジネスのコンサル料金
  • ビジネスで使った交通費

考えてみるとビジネスを行うにあたっていろいろとお金を使っていることがわかります。

もし仮に副業でネットビジネスにチャレンジし年間の収入が20万円でも、経費が年10万円かかっていれば確定申告をおこなう必要はないということです。
 
 
ここまでの解説で確定申告の計算方法を把握できたと思います。

続いては確定申告の仕方について説明していきます。というのも確定申告には2種類の方法があり、それぞれ特徴があるからです。

確定申告の仕方

確定申告には白色申告青色申告の二通りの方法があります。主な違いは以下の通りです。

・白色申告:税金の控除が少ない
・青色申告:税金の控除が最大で65万円

この図を見る限りでは青色申告のほうが税金の控除額が高いのでそちらを選びたくなりますけど、当然ながら青色申告は手続きや処理が面倒です。

まず青色申告をするためには、税務署に個人事業主としての開業届を提出する必要があります。

ほかにも青色申告は確定申告の際に提出する書類が増えますし、白色申告のように単式簿記ではなく複式簿記で帳簿付けを行わなければいけません。

どちらの方法を取るのかについては、どれぐらいの利益を上げているのか?もしくはその見込があるのか?によります。

とはいっても、

副業でネットビジネスを始めたばかりの人にとってはどちらを選べばよいか?判断しづらいはずです。

そこでオススメの基準を挙げると、

・副業でやっている方・・・白色申告
・専業でやっている方・・・青色申告

この基準で選ぶとわかりやすいはずです。

ただ、たとえ専業ではなくてもアフィリエイトなどで年間300万円以上の売上がある場合などは迷わずに青色申告を選ぶと良いです。

処理に多少の手間はかかりますけど、その分税金の控除額は高いですしなにより会計の知識が身につきますので自身のスキルアップにも繋がります。

確定申告についてまとめ

  • たとえ副業でも確定申告は必要
  • 副業なら年間20万円以上の利益、専業なら年間38万円
  • 算定は売上ではなく利益でおこなう
  • 専業あるいは年間に十分な利益が見込める場合は青色申告を選ぶべき

たとえ副業でも十分な利益がある場合は確定申告をおこなう必要がありますので、面倒がらずに早め早めに対応をおこないましょう。

霧島ユウタのメルマガ