豆知識

勉強やビジネスに集中したいときに試してほしい行動や習慣

霧島ユウタのメルマガ

勉強やビジネスに集中したいけど、なかなか集中モードに入れない時ってありますよね?

「やるぞー!」って気合を入れたものの、気づいたら手が止まっていることってよくあります。

そこで今回は、僕が普段から心がけている行動や習慣をご紹介しますので、良かったら普段のライフスタイルに取り入れてみてください。

どれも今スグ行えることばかりです!

霧島が心がけていること

部屋と机の掃除

まずはコレ!

身の回りをキレイにするだけで、カンタンに集中できる環境が作れます。

ゴミとホコリだらけの部屋で驚異的な集中力を発揮できるのは一部の天才ぐらいでしょう。

掃除は“心のお手入れ”も行えてポジティブな気分になれます。1週間以上サボっていた人は必須です。

部屋を換気する

続いてはコレ!個人的に1番オススメしたい習慣です。

部屋中に新鮮な空気を入れて、よーく換気しましょう。

特に真夏や肌寒い冬は部屋を締め切っている人が多いので要注意です。

部屋中に新鮮な空気を取り入れて嫌な気分になる人はそういないでしょうし、ポジティブな気分が集中する手助けになってくれます。

人間は酸素を取り込み二酸化炭素を排出しますけど、部屋中が二酸化炭素でいっぱいになると意思決定力や集中力が低下すると科学的に証明されています。

ヒトの集中力は脳が支配していると言われ、脳の働きはCO2濃度によって良くも悪くもなります。

カラオケボックスなどの密室で勉強しても時間と共にCO2の濃度がどんどん高まり、次第に集中しなくなったり悶々とした気分になりやすいのです。カラオケの後半戦でだらけるのもコレが原因の1つだと思っています。

スマホを扱わない

これは大胆な戦略ですけど、怠けやすい僕にはピッタリの戦略です。

スマホをポケットに入れたまま触らないのは難しいので、スマホを箱に入れてクローゼットなどに収納しておきます。

シゴトが一段落するまでスマホは箱に入れたままにしておき、一切扱いません。

せっかく集中し始めたのに意味もなくスマホを扱ったり、気づいたらYouTubeばかり見ている人には効果抜群です。

ダラダラと意味もなくスマホを扱っている時間をカットして勉強やビジネスの時間に充てれば、きっと人生は豊かになります。

ただ今の時代はスマホでサクッとシゴトをこなす人も多いですし、手元にスマホがあっても集中力が途切れない人には関係のない話でした。

雨音を聞く

雨の日ってどこか憂鬱な気分になるイメージが強いですけど、実は雨音って僕たちの集中力に大いに貢献しています。

別に雨音ではなくても、小川のせせらぎや鳥のさえずりなど環境音でしたら何でもオッケイなんですが、個人的には雨音がしっくりきています。

自然の環境音の中に存在する「f分の1ゆらぎ」のおかげで、僕たちをリラックスした状態に保ってくれます。

f分の1ゆらぎとは、規則性のある音(ゆらぎ)の中に予想できないゆらぎが入り混じっていること。

ゆらぎ方に規則性がありすぎると、単調になって人間は飽きてしまいます。逆に規則性が乏しいと、意味のない騒音に聞こえて不快に感じられます。

ある程度の規則性を持ちながら人の予想を裏切るゆらぎ(音)を聞いていると、人は心地よく感じるようです。

現に心地よいと感じています(笑)

f分の1ゆらぎの例を挙げると、浜辺に打ち寄せる波の音です。

浜辺に打ち寄せる波は一定のリズムを持っていますが、完全に同じリズムではありません。たたみかけて来ることもあれば、ときおり間が空くこともあります。アレですよ!

また、個人的には聞き流して鼻歌を歌える曲よりも歌詞が存在しない環境音を聞いているとより集中できます。歌詞があると頭から離れないからです。

慣れないうちは「雨の音がうるさい!」と思うかもしれませんが、慣れると雨音さえも忘れるほど集中できます。

集中したいときに試してほしい習慣まとめ

  • 部屋の掃除
  • 部屋の換気
  • スマホを扱わない
  • 雨音を聞く

 

霧島が集中力を保つために心がけている行動や習慣をご紹介しましたけど、いかがでしたか?

もちろん僕の行動や習慣が合わない人もいらっしゃるでしょうけど、何か1つでもお役に立てれば嬉しいです。

霧島ユウタのメルマガ