便利なツール

Googleアナリティクスの閲覧権限だけ付与する方法を紹介。

霧島ユウタのメルマガ

メディアを運営している方なら絶対に利用されているGoogleアナリティクス。実は、あまり知られていない機能の1つに「閲覧権限を付与する」という方法があります。

もし自分以外の誰かと情報を共有したいときには、わざわざデータを書き留める必要はないので、とっても便利ですよね?

では、具体的な作業手順を解説していきますので、チェックしていきましょう!

※情報を付与するユーザーのGmailアドレスが必要になります。

Googleアナリティクスの閲覧権限を付与する方法

Googleアナリティクスにログインして、該当するサイトの「すべてのウェブサイトのデータ」をクリックします。

Googleアナリティクス

次に、左下の「管理」をクリックします。

Googleアナリティクス

同じような項目がいくつか並んでいますけど、真ん中の列にある「ユーザー管理者」をクリックします。

Googleアナリティクス

右上の+マークをクリックします。

Googleアナリティクス

「新しいユーザーを追加」をクリックします。

Googleアナリティクス

情報を付与するユーザーのGmailアドレスを入力します。
「表示と分析」の項目のみチェックを入れます。
「追加」をクリックして作業は終了です。

Googleアナリティクス

※「表示と分析」の項目以外については、必要に応じてチェックを入れましょう。

例えば、「編集」にチェックを入れると、追加されたユーザーによって収集データや集計データの設定などレポートに関連する操作が可能になります。したがって、情報共有のみを希望する場合は「表示と分析」の項目のみチェックを入れましょう。

※全ての設定が完了しますと、追加したユーザー宛に通知メールが届きます。

「Googleアナリティクス アカウントへのアクセスが許可されました」

という案内が届くだけで、特に追加設定はありません。そのままログインして追加されたユーザーはアナリティクスのデータを閲覧することができます。

Googleアナリティクスの閲覧権限についてまとめ

今回はGoogleアナリティクスの閲覧権限について解説しましたけど、思っていた以上にカンタンな操作だった…っと感じたのではないでしょうか。

 

誰かとアナリティクスデータを共有したいときは、わざわざデータを収集して書き留める必要はないので、便利な機能を有効に活用していきましょう!

霧島ユウタのメルマガ