働き方

専業主婦で暇すぎる人に向いているとっておきのシゴトとは?

霧島ユウタのメルマガ

「家にいるだけだから楽でしょ!」とか勝手なことを言われるとカチンときます。

そう。専業主婦にも悩みはつきものです。

食事の支度は面倒くさいし、食費を抑えるためにあれこれ考えるのも大変ですよね?他にもまだまだありますよ、主婦の悩みは。

ところで、

専業主婦の中には暇すぎる…という会社員からしたら何とも羨ましい悩みを抱えている方がいらっしゃいます。

そんな暇を持て余す専業主婦にピッタリの暇つぶしが、この世に存在します。しかも、暇つぶしで収入を得ることができますし、それが立派なビジネスになる。

本人の努力次第では会社員以上の収入を得ることも現実的に可能ですので、気になる方はチェックしてみてください。

専業主婦の1日

と、いきなり本題に入る前に、まずはごく一般的な専業主婦がどのような1日を過ごしているのか?チェックしてみましょう。

【モデルケース】既婚者で4歳の子供を持つ30代女性

8:00〜9:00:起床。朝ごはんの準備。夫の弁当作り。
9:00〜11:00:4歳の娘を保育園に送る。買い物を済ませる。
11:00〜12:00:掃除・洗濯。
12:00〜13:00:朝に作った昼用の弁当を食べる。後片付けのついでに夜ごはんを仕込む。

これはあくまで事例ですが、午前中に1日のやるべきことが終わり、午後から夕方(13〜17時ぐらい)までの時間はフリータイムになっています。

ぶっちゃけ暇です!というリアルな声もよく耳にしますし、やっぱり相対的にみて暇な人は多いのかもしれませんね。

ところで、

専業主婦はフリータイムに一体なにをやっているのか?といえば、

  • ママ友とティータイムを楽しむ。
  • 庭の手入れ、洋裁など。
  • 家計簿をつける。
  • 撮りためたドラマや映画を消化する。
  • ボケーっとミヤネ屋を眺める。

おおよそ上記のいずれかに当てはまっているのではないでしょうか。

特にママ友とのティータイムは専業主婦がむさ苦しい空間を忘れられる至福の時間とも言われ、主婦にとってはたまらないひと時なのでしょう。

他に、撮りためたドラマや映画を消化するのは容易に想像できますよね。色々と解説しましたけど…午後から訪れるフリータイムをどう使うのかは各々の自由です。

ただ、もし仮にですけど、

  • ダラーッとなんとなく過ごすのは嫌だ。
  • もっとメリハリのある有意義な時間を過ごしたい。
  • 何ならシゴトしても良い(ハードな仕事はNG)

こんな想いを抱いているなら僕がオススメする暇つぶし(シゴト)は、ひょっとしたら天職になるかもしれません。

とっておきの暇つぶしを紹介

ぼくがオススメする暇つぶしとは、ブログアフィリエイトですね。暇つぶし…いや、立派なビジネスなんです。

ブログアフィリエイトとは、

自分でブログを立ち上げて、世の中の人たちが求めている情報を求めている人たちに届けるビジネスです。

若干ニュアンスは違いますけど、最初はコレぐらいの認識でOKです。

“ビジネス”とはいっても、店舗を構えるリアルビジネスみたいにウン百万といったコストはかかりません。日頃から蓄積しているドラマや映画のウンチクをお金に換金することもできます。言ってしまえば、趣味がシゴトに直結するということです。

しかも…

なによりオススメする理由はPC一台あればどこでもシゴトができることです。専業主婦を引退するにしても、PC1台あればシゴトが完結します。

ご主人の転勤が決まるたびにシゴトを探す…という面倒くさい工程とも無縁の生活を送ることができます。お昼から夕方までの2〜3時間で済むシゴトですし、本人の努力次第では外で働くパートタイム…いや会社員より遥かに効率よく稼げます。

無料メルマガで詳細情報をお送りしていますので、ぜひチェックしてみてください(^^)

霧島ユウタのメルマガ