アフィリエイト

内部リンクとは?効果的な貼り方をマスタしてアクセスアップ!

霧島ユウタのメルマガ

トレンドブログを始めていくと、内部リンクという言葉をよく耳にするようになります。

“内部リンク”という言葉からなんとなく想像できるかもしれませんが、ブログで成果を上げたいなら必須のテクニックです。

アクセスアップにつながる内部リンクの効果的な貼り方も紹介しますので、すぐにマスターしましょう。

内部リンクとは?

初めて内部リンクという言葉を耳にした人にとってはわかりそうでわからない単語かもしれませんけど、そこまで難しく考える必要はありません。

内部リンクとは関連記事のことです。

自サイトで投稿しているページ上に他のページを見てもらうためのリンクを設置する。

こうすればサイトに訪問してくだった読者に対して、1記事だけではなく2記事、3記事とより多くの記事を見てもらう機会を増やすことができますよね?

読者に1ページでも多くの記事を見てもらえれば、アクセスアップにつながります。

内部リンクはSEOにも効果的!

内部リンクは、ただ読者に様々なページを見てもらうための施策ではなく、SEO対策にも効果的なんです。

クローラーがサイトを巡回しやすい

検索エンジンのクローラーは、ページ内のリンクをたどりながら次々にページを移動して記事情報をインデックスします。

クローラーにとって巡回しやすい構造を作ってあげることで、クローラーから好かれるということです。

またクローラーは内部リンクでつながっているページ同時をもとに判断し、ページやサイトを評価していきます。

サイトを訪れた読者だけではなく、内部リンクはクローラーにも好かれるための対策だということは覚えておきましょう。

被リンクの効果

クローラーはたくさんのリンクを貼っているサイトを好みます。

もちろん闇雲に貼っても意味はありませんけど、純粋にリンクの数がサイトの評価につながります。

外部リンクは多ければ多いほどSEO対策になる、ということを把握されている人は多いですけど、内部リンク(被リンク:内部)も同様にSEO対策になります。

しかも内部リンクは自分自身で増やすことができますので、どんどん活用していくべきです。

滞在時間が長い=読者に価値提供している

1つのページにとどまらず別のページに移動してもらい、また別のページに移動してもらう…

するとサイトに訪れた読者がブログに滞在する時間が伸びますよね?読者の滞在時間が長いのは、読者にとって魅力的なサイトである証拠です。

読者が知りたい価値ある情報を次々に提供しているサイトをGoogleは評価します。

どうやって内部リンク(関連記事)を作るの?

内部リンクの貼り方は…ぶっちゃけ簡単です。

WordPressの記事投稿画面で簡単に設定できます。

まずは記事投稿画面を開き、リンクの挿入/編集をクリックします。

内部リンクの貼り方

ボタンをクリックすると、リンク先のURLをペースト(貼り付け)する画面が出てきますので、読者に見てほしいページのURLを貼り付けます。

リンク文字列はリンク記事のタイトルです。よって読者の興味を引くような魅力的なタイトルに仕上げましょう。

 

なおリンクを新しいタブで開くにチェックを入れると、別タブにリンク先の記事が表示されます。

リンクを新しいタブで開くように設定するべきか?

こちらは賛否両論ありますけど、個人的には別タブで開かない設定にしています。

というのも、たしかにパソコン画面でページを見ていると新しいページを別タブに表示してくれると非常に助かります。

が、しかし、

 

いまどきの読者は大半がスマホユーザーです。

スマホで新しいタブを開くと先ほどまで見ていた画面が消えて、新しいページが表示されます。

前の画面に戻りたい場合は、画面下のタブボタンを押して戻りたい画面を選んでクリックするという手間が発生します。

しかし、「タブはそのまま設定」にしておくと新しいページから前のページに戻りたいときは戻るボタン(←)を一回押せばよいだけですので、とっても楽ちんなんです。

 

話が少し脱線しましたけど、内部リンクが完成すると以下のようになります。

ブログ開始1ヶ月目のリアル収益を載せています…

クリックして別のページに移動すれば問題なく設定できています。

内部リンクはどこに貼るのがオススメなの?

文章の流れに従い貼る

文章の流れに従い、ごく自然にリンクを設定するのがもっとも効果的です。

たとえばAという情報を提供していた場合、

「Aについて理解していただきましたけど、関連するBについても知っていただくとより知識が深まります」

するとAという情報に加えてBの情報も知りたくなりますよね?

だからAの情報を提供し終わり、文章の区切りのよいところに内部リンクを貼るのがベストです。

ページの最下部に貼る

最後までページをスクロールした読者は、そのページを熱心に読み込んだ人が多いです。

たしかにパーッと指でスクロールして何も見ていないのにページの最下部まで移動する人たちもいらっしゃいますけど、なかには真剣に記事を読んでくれた人もいます。

もし熱心に読んでくれた人なら、他のページも読みたいと思っている可能性は高いですよね?

そこに関連するページを載せてあげると…他のページも見てもらえる可能性はグーッと高くなります。

内部リンクについてまとめ

内部リンクについてまとめると…

 

  • 内部リンクとは、関連記事のこと!
  • 内部リンクはSEOにも効果的!
  • 記事投稿画面でリンクの挿入ができる!
  • 内部リンクは文章の流れに従うか、最下部に貼るのが効果的!

 

内部リンクを活用することで読者に1ページでも多くの記事を見てもらい、アクセスアップにつながります。

またクローラーに巡回しやすいサイトを作ることはSEO対策にも効果的ですので、どんどん内部リンクを活用していきましょう。

霧島ユウタのメルマガ