マーケティング

メリットとベネフィットの違いとは?具体例を挙げて解説

霧島ユウタのメルマガ

マーケティングの勉強をしていると「ベネフィット」という言葉を頻繁に見たり聞いたりします。ベネフィットの意味を調べると「利益」「恩恵」と出てきますので、メリットと同じ意味なんだ!っとつい解釈してしまいます。

が、しかし、

この2つの単語は似て非なるものです。マーケティングやコピーライティングをする上で、メリットとベネフィットの違いはしっかりと抑えておくべきです。

まずは例文をチェック

以下の例文にはメリットとベネフィットが入り混じっています。

筋トレすると…
 
・ムキムキになる
・姿勢がよくなる
・肌年齢が若返る
・自分に自信がつき、外出が増える
・逞しいから街中で逆ナンされまくり
・ハリウッドスター並みにワイルドで、女性から頼られる存在になる

さあ、どれがメリット・ベネフィットなのか?よく考えながら、予想してみてください。ヒントは効果と体験です。

メリットとは?

一言で表すと商品の効果・特徴です。

上の例では、

・ムキムキになる
・姿勢がよくなる
・肌年齢が若返る

この3つがメリットです。

ベネフィットとは?

ベネフィットとは、その商品や行動によって得られる体験です。

・自分に自信がつき、外出が増える
・逞しいから街中で逆ナンされまくり
・ハリウッドスター並みにワイルドで、女性から頼られる存在になる

上の例ではこの3つがベネフィットに当てはまります。

顧客はベネフィットに魅力を感じる

自分ではムキムキになりたい、姿勢を良くしたいから筋トレに励んでいると思っていても、本音は「圧倒的な自信をつけたい」とか「モテまくりたい」と考えている人って多いハズです。

言い換えると、自分に自信をつけたい、モテまくりたいから筋トレに励んでいるのです。そこに魅力を感じている。

たしかに、純粋にムキムキになりたいと思う人も一定数いらっしゃるでしょうし、全ての人に当てはまるとは限りません。でも、多くの人たちは目の前にあるメリット(効果)よりもその先にあるベネフィット(体験)に魅力を感じて行動しているのです。

ビジネスシーンに置き換えると…筋トレのメリット(ムキムキになる)ばかり伝えるのではなく、それらを通じて得られる体験をうまく伝えることで顧客の心は揺れ動き行動する、ということですね。
 
 
メリットとベネフィットの違いをざっくりと解説しましたが、理解できましたでしょうか?

マーケティングの世界では2つの単語の意味をよく理解しておかないとチンプンカンプンになりますので、しっかりと頭に叩き込んでおきましょう。

霧島ユウタのメルマガ