働き方

仕事に行きたくない家にいたい人は3つのバランスを意識するべき!

霧島ユウタのメルマガ

「仕事行きたくない家にいたい…」

今このページをご覧になっているあなたは、おそらくこんな気持ちを抱いているはずです。

今回はそんな悩める人のために「今日ぐらい休んだほうがいいよ!」という表面的なアドバイスを送るわけではなく、どうやったら前向きに仕事に取り組めるようになるのか?

具体的にアドバイスさせていただきます。

仕事に行きたくない原因は「内側」にあることが多い

これはかつて会社員として働いていた僕自身の経験も踏まえて発言させていただきます。

もし仮に仕事に行きたくない、家にいたいと頭の中で考えながらモヤモヤしている場合、もしかしたら会社に原因があるのではなく、あなた自身に問題があるのかもしれません。

いきなり水を差すようなことを言ってしまいましたけど、これがなかなか当たっているのです。

僕自身も、

仕事に行く気が失せる=自分自身に何か原因があるのではないか?

このような視点で日々の行動習慣を見つめ直した結果、仕事に行きたくないとか家にいたいという考えがなくなりました。

ではどんな習慣が、会社に行きたくない感情にさせてしまうのか?

ここからはよく当てはまる項目を挙げてみました。
今の自分に当てはまっていないか?チェックしてみてください。

夜更かし、朝から二度寝⇒あるあるのパターンです

会社員時代は夜更かし&朝から二度寝しまくりで、起き抜けから憂鬱な気分になっていました。

ゆっくりと朝食をとる暇もなく、ボサボサの髪とテキトーにチョイスしたスーツを着て慌てて出社する毎日だったんです。

そんなライフスタイルだったので、

「会社に行くのが面倒、ダルい。なんで働かないといけないの?」

こんなことをしょっちゅう考えていました。

夜更かしや二度寝している自分自身に原因があるのに、会社や上司のせいにしていたんです。

仕事に行きたくないのは、起き抜けが最悪だから。

この事実に気づいてから自分の行動習慣を少しずつ改善していきました。

体調管理に努めていない

人間が健康的に生きるためには「食事」「睡眠」「運動」の3つのバランスを取る必要があります。

どれか1つでも欠けたら、仕事でもプライベートでもハイパフォーマンスを発揮することはできません。

実は上記にプラスして「メンタル」という要素もありますけど、3つのバランスを保てばおのずとメンタルの調子も整います。

  • 食事
  • 睡眠
  • 運動

この中でもっとも大切なのが「運動」です。

というのも、現代人はとにかく運動不足だからです。

運動すれば自然に食欲が増していき、夜もぐっすりと眠れるようになります。

すると3つのバランスが整いますので、メンタルも整います。

「仕事に行きたくない」

から

「今日も大変そうだけど、いっちょやるか!」

このように前向きな気持ちに切り替わります。

朝日を浴びながら散歩するだけでも、その日1日の気分がまるで違います。

 

いかがでしたか?

仕事に行きたくない感情が生まれるのは内側に原因がある。

夜更かししたり朝から二度寝してダラダラしたり…

また普段から体調管理にまったく気を配っていない。
とくに運動していない人があまりに多いです。

自分自身のコンディションを整えることに目を向けると、
それだけで驚くほど前向きに仕事に打ち込めるようになります。

思い当たる方は今日から改善してみてください。

ズル休みしても全く意味がない

仕事に行きたくないと考え始めると、

「会社を休もうかなぁ…」

という思考に切り替わります。

「有給もたっぷりあるし、たった1日ぐらい休んでも何ら影響はない」

「無理すると悪いから、今日ぐらいゆっくりと休もう」

・・・

もうこんな思考回路になっている時点で挽回の余地はなさそうですし、仕方なく会社に行ったところでハイパフォーマンスを発揮することはできません。

ただ1つだけアドバイスさせていただくと、気分が乗らないからと会社を休む「ズル休み」をしてもまったく意味がないということ。

実際にズル休みしても身体は休まりません。

それどころか巡り巡って色んな不幸が自分の元に舞い込んでくるものです。

「たまには有給でも消化しないとッ!」

こんなノリで会社を休み翌日から新たな気持ちで出社しても、休んでいる間にとんでもないミスが発覚し、後処理に追われる…

こんな経験はないでしょうか?

また単純に、昨日処理するべきことを翌日にまとめて処理しなければいけませんので、基本的にズル休みしてもまったく意味がないということです。

会社によっては休日に出勤を命じられるケースもありますよね?

ズル休みしても巡り巡って不幸なことが起こる。
憂鬱な気分になるのは間違いないです。

ズル休みした話

少し恥ずかしい話ですけど…僕自身もズル休みの経験はあります。

逆に1度も経験がない人のほうが珍しいぐらいだと思いますけど…

出社できない理由は風邪、腹を下した、気分が悪く吐き気がする…などなど。

いわゆるオーソドックスな理由を朝一番で上司に報告しましたw

ただ会社を休んだことで身体がゆっくりと休まったのか?気分が高揚したのか?と言われると全く違います。

それどころか、夕方頃から憂鬱な気分になっていた印象しかないぐらいです。

ズル休みするぐらいメンタルがブレブレなわけですので、どう考えても会社以外のプライベートも充実するわけがありませんし、翌日は「たまった仕事の後処理に追われる」という激務をこなさないといけない。

結局、ズル休みしてもホントに意味がないのです。

どうせ会社を休むなら、前々から予定していた家族旅行とか海外に出かけるなど前向きな休暇を取りましょう。

それでも改善しない場合の対処法

ここまで解説したことを意識し、行動習慣を変えても何ら変化がない。

「やっぱり会社に行きたくない」

「仕事が面倒だ」

そのように感じるなら、何か別の対策を立てるしかありません。

思い切って転職する⇒リスクは高いです

「なんか、いい仕事ないかなー」

いたるところで耳にする言葉で、僕自身も会社員時代によく口ずさんでいました。

とはいっても、けっしてオフィスの中では発言できないので…

家の中で泡の弾けるビールを飲みながらブワーッっと吐き出していたんです。

「なんかいい仕事ないかなぁー」

・・・

もう何回吐き出したのかも覚えていません。

・・・

少し話が脱線しましたけど…

まず仕事に行きたくないと考える人たちは真っ先に「転職」を視野に入れるはずです。

転職すれば新しい環境でリスタートでき、刺激のある毎日を送ることができる、と勝手なことをつい妄想してしまいます。

ただ残念ながら、現実の世界は思うようにうまくはいきません。

どうしても隣の芝生は青く見えます。

有名企業の◯◯会社は輝いてみるかもしれませんけど、会社は会社なんですから。

どこにいっても同じようなリスクを抱えることになります。

つまり転職はリスクが高いんです。

僕は会社員時代に人材紹介会社で働いていたので、人が転職していく様子を間近で見ていましたのでよくわかります。

転職はいま目の前で起こっている問題を解決するというより、「紛らわす」という表現の方がしっくりきます。

多くの社会人を苦しめる「人間関係」という問題も、たとえ会社が変わったとしても根本的に解消されることはまずないです。

どんな職場にもいやみったらしい人はいますし、馬が合わない人は絶対にあなたの目の前に現れます。

転職に期待したくなる気持ちはわかりますけど、僕は自分の本心ではないことを誰かに勧めたりはしません。

転職しなかったことで僕の人生が変わったエピソードなども参考になるはずなので、気になる人は読んでみてください。

理想の仕事などない⇒コレが現実です

どんな仕事も表面的には輝いて見えますけど、裏では泥臭くてつまらない作業の連続です。

あなたが今憧れている、素敵だと思っているビジネスマンや職業人も影ではとんでもない苦労を重ねています。

「理想の仕事」の定義は人それぞれですけど、ラクをしながらそれなりに収入を得たいなどと考えていてはいつまで経っても自分の人生は取り戻せません。

ただ決してラクをしながら収入を得たいなどとは思っていないけど、それなりに自分自身で行動基準を決められる仕事だったり努力が正当に評価されるフィールドを求めている人はきっと沢山いらっしゃるはずです。

何も取り柄はないけど本気でやってみれば道が開けるような理想のシゴトを追い求めていたときに、僕はブログという1つのビジネスに出会いました。

僕が選んだのは転職ではなく“ブログビジネス”

ブログビジネスについて調べていたときに気づいたことは、会社員としてリスタートするよりも遥かに「豊かな人生が歩める」と直感的に感じたからです。

会社員生活に戻っても「また同じような問題で悩むことになるのではないか?」という不安が期待よりも大きかったですし、たとえ失敗してもいいからとにかく賭けてみたかった。

ブログビジネスはノーリスクなので賭けるという表現もどうかと思いますけど…当時はまだチンプンカンプンだったのでリアルにそんな心情でした。

会社員生活に希望なんて見いだせなかった当時の僕には、

  1. 努力次第では会社員以上の収入を得ることができる
  2. 誰にも縛られない。人間関係も自由に選択できる。
  3. Webの知識が身につく。ホームページとかすぐに作れる。

どこか胡散臭いと言われる“ネットビジネス”も、キラキラと光って見えたのです。

当時は少し浅はかな考えだったかもしれませんけど、間違いなくブログは僕の人生を180度変えました。

さすがに初月の収益は少なかったですけど、2ヶ月目以降は順調に収入を伸ばすことができました。

ブログの収入がどのように推移するのか?

気になる人はブログ開始1ヶ月目のリアル収益をチェックしてみてください。

ブログを始めると心に余裕が生まれます

会社以外にキャッシュポイントがある⇒いざとなったら辞められるという安心感

会社員が仕事をやめられない理由は、キャッシュポイントがなくなるからです。

会社から支給される給与明細を頼りに生活しているので、100%やめられません。

ただブログで収益化できれば

「いざとなったらやめればいい」

こんな風に謎の余裕が生まれて精神的にラクになります。
その余裕がますます会社でのパフォーマンスに良い影響を与えます。

あと休日にちょっぴり贅沢できるのも幸せです。

会社員は視野が狭くなる

これは会社を退職したあと、ブログビジネスを始めてから改めて気づいたことです。

1つの会社で学べることなんて、ホントにちっぽけなものだということです。

本人は「これ以上ないぐらい学ばせてもらった」と捉えているかもしれませんけど、1つの会社、1つの部署、1つの仕事をこなしている人が学べることなんてたかが知れています。

一度でも外の世界、これまで体験したことのないような世界に足を踏み入れてみるとすぐに気づきます。

会社員で学べることなんて「1つの点」にしかすぎなかった…と。

ブログは僕自身に新たな視点を与えてくれましたので、そういう意味でも非常に感謝しています。

ブログビジネスって結局どんなことするの?

ブログを開設してから一体どうやって収入を得るのか?

ここまでページを読み進めた人ならきっと気になるはずです。

僕のサイトではブログビジネスのハウツー記事をたくさん公開しています。

が、しかし、

1ページずつ読み込むのはちょっと面倒ですよね?

そこで、もしブログビジネスに興味があるなら、僕の無料メルマガに登録してみてください。

毎日あなたにメッセージをお送りします。

受け取ったメッセージをサラッと読んでいただくだけで、きっとブログの世界に魅了されるはずです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました^_^

霧島ユウタのメルマガ